ウェブサイト運営方針プロジェクト概要サイトマップリンクEnglish 
Tool Library

以下の機能拡張ツールライブラリ 登録申請規約に同意の上ダウンロードしてください。

機能拡張ツールライブラリ 登録申請規約

第1条(目的)

  機能拡張ツールライブラリ登録申請規約(以下「本規約」)は、国土交通省国土技術政策総合研究所(以下、「国総研」)がCommonMPウェブサイト(http://framework.nilim.go.jp/)で運営する機能拡張ツールライブラリ(以下、「本ライブラリ」)に機能拡張ツール実行形式ファイル、機能拡張ツール解説書、サンプルプロジェクト及び他関連ファイル(以下、「機能拡張ツール等」)を登録申請するにあたり、機能拡張ツール等を本ライブラリに登録しようとする者(以下、「登録申請者」)が遵守すべき事項等を定めたものです。

第2条(著作権)

  本ライブラリに登録された機能拡張ツール等に関する著作権は、当該機能拡張ツール等の著作権者に留保されます。本ライブラリに当該機能拡張ツール等を登録することにより、機能拡張ツール等の著作権が国総研に譲渡されるものではありません。

第3条(許諾事項)

  登録申請者は、本規約に同意した場合に限り、「機能拡張ツール登録・公開等手順」に従って作成した機能拡張ツールの登録申請ができます。

第4条(機能拡張ツール等使用許諾条件)

1.登録申請者は、機能拡張ツール等を本ライブラリに登録したときは、国総研が別に定める本ライブラリからのダウンロードに関する規約に基づき、第三者が自己使用の範囲内で、無償で、当該機能拡張ツール等をダウンロードし、使用することを許諾するものとします。

2.前項の規定にかかわらず、登録申請者は、当該機能拡張ツール等について、無償での使用を前提として、別途使用許諾条件を定めることができます。

3.登録申請者は、前項により使用許諾条件を定めたときは、当該使用許諾条件を機能拡張ツール等の解説書に明記するものとします。

4.国総研は、本ライブラリから機能拡張ツール等をダウンロードして使用する者に対して、本条により登録申請者が定めた使用許諾条件を遵守させる義務を負わないものとします。

第5条(禁止事項)

1.虚偽の登録情報を用いて本ライブラリへの登録申請を行うことを禁じます。また、明らかに虚偽の登録情報が用いられた登録申請が行われたと国総研が判断した場合、当該機能拡張ツール等の登録を拒絶します。また、すでに登録されている機能拡張ツール等において虚偽の登録情報が用いられていると国総研が判断した場合には、当該機能拡張ツール等を削除します。

2.本ライブラリを用いた犯罪行為や戦争・戦闘行為、その他法律、政令等もしくは条例に違反する行為、またはその恐れのある行為、コンピュータウィルス等有害な機能拡張ツール等や悪意をもった機能拡張ツール等を登録申請する行為、またはその恐れのある一切の行為を禁じます。

3.その他、前各項に準じるものとして国総研が不適切と判断する一切の行為を禁じます。

4.本条の禁止事項に違反する行為によって生じたいかなる紛争に対しても、国総研は一切責任を負いません。登録申請者が行った禁止事項により紛争が生じた場合、登録申請者は登録申請者の負担と責任において一切を処理し、国総研に対して国総研が被った損害(弁護士費用を含む)を賠償するものとします。

第6条(保証及び遵守事項)

1.登録申請者は、本ライブラリに機能拡張ツール等を登録しようとするときは、登録申請者が本ライブラリに機能拡張ツール等を登録することにより不特定の第三者に当該機能拡張ツール等を使用許諾する権利を有すること、および当該機能拡張ツール等が第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。

2.登録申請者は、本ライブラリに機能拡張ツール等を登録しようとするときは、当該機能拡張ツール等を利用して得られた出力結果に瑕疵及び誤りのないように最大限努力するものとします。なお、国総研は、当該出力結果に瑕疵及び誤りのないことを保証するものではありません。

3.国総研は、登録された機能拡張ツール等の操作方法や性能に関する問い合せへの対応等、個別の本ライブラリの利用者に対し一切のサポートを行いません。登録申請者が、当該機能拡張ツール等の利用者に対し、個別のサポートを行うときは、機能拡張ツール等の解説書に明記するものとします。

4.登録申請者は、登録しようとする機能拡張ツール等がコンピュータウィルスに感染していないことを保証するものとします。国総研は、機能拡張ツール等が登録申請された時点で、コンピュータウィルスの感染の有無のチェックを行う以外は、登録された当該機能拡張ツール等がコンピュータウィルスに感染していないことを保証するものではありません。

第7条(免責)

  国総研は、登録申請者が機能拡張ツール等を登録申請することで生じることの一切の損害、機能拡張ツール等の利用者との間で発生するトラブル(機能拡張ツール等の利用者の情報の消失、毀損などの損害を含みますがこれらに限りません)に関していかなる責任も負わないものとし、本ライブラリに登録された機能拡張ツール等に不具合、不備等があっても、程度の如何に関わらず訂正、修正する義務を負わないものとします。

第8条(登録中止)

1.登録申請者が本規約に定める事項に違反した場合、国総研は何らの事前の通知を行うことなく登録された機能拡張ツール等の削除を行うことができるものとします。

2.やむを得ない事情により、登録内容の一部または全部の提供を中止させて頂くことがあります。

3.「機能拡張ツール登録・公開等手順」に規定された必要事項に対し、登録申請された機能拡張ツール等に不備がある場合、国総研の判断により当該機能拡張ツール等を公開しないことがあります。

4.国総研は、本条による登録停止に関していかなる責任も負わないものとします。

第9条(利用中止)

  国総研は、やむを得ない事情等、必要と判断するときは、本ライブラリ機能の一部または全部の利用を中止することがあります。

第10条(準拠法)

  登録申請者の居住地、登録申請する地域に限らず、本ライブラリへの機能拡張ツール等の登録申請に関しては、日本国の法令が適用されるものとします。

第11条(本規約の変更)

  国総研は、CommonMPソフトウェアライセンスに関する規約、本規約及び国総研が別に定める本ライブラリからのダウンロードに関する規約を登録申請者の承諾を得ることなく、自由に変更することができるものとします。

第12条(個人情報)

1.機能拡張ツール等を登録申請する際に得られた個人情報は本ライブラリの運用以外の目的に利用することはありません。

2.登録された情報のうち、登録申請者の電話番号およびEメールアドレス以外は本ライブラリ上で公開します。ただし、機能拡張ツール解説書に問い合わせ先として電話番号およびEメール等の個人情報を記載したときは、当該個人情報は公開されます。

第13条(その他)

1.本規約に定めのない事項または本規約において疑義が生じた場合は、国総研と登録申請者の間の協議により円満に解決するものとします。

2.前項による協議により円満に解決しないときは、東京地方裁判所を第1審の管轄裁判所とします。

(最終更新日:平成27年6月9日)
以上