CommonMP
ホーム » ニュース » 13.08.28更新
 
CommonMP:project
CommonMP

土木学会研究討論会を開催します。

 2007年からほぼ毎年実施してきている土木学会研究討論会を下記のとおり開催いたします。研究討論会は今回で6回目となります。本討論会では、下記とおり特に水理・水文モデルの汎用プラットフォームの国際標準化への対応や国内での普及・活用について議論します。ぜひご参加ください。

■ 討論会題目:水理・水文解析のための汎用プラットフォームの活用と国際展開
■ 討論会趣旨:
 国内外で水理・水文解析のためのソフトウェアやソフトウェア同士の連携を可能にする汎用プラットフォームが開発されており、様々な分野で活用が進んでいる。我が国においても、従来から種々の水理・水文解析ソフトウェアが開発されており、平成19年からは産官学の連携のもと汎用プラットフォームが開発されているが、我が国の技術力に比して、それらの活用は限定的である。本討論会では、これらのソフトウェアの開発・活用状況をレビューするとともに、河川、下水道水事業等への導入・活用のための方策と国際展開の戦略について議論する。

■ 日時:2013 年9 月4 日(水) 16:15-18:15
■ 場所:日本大学 生産工学部津田沼キャンパス37号館303、304教室
■ 主催:土木学会水工学委員会
■ 討論会メンバー:
 座   長:山田 正(中央大学・教授 CommonMPプロジェクト推進委員会・幹事長)
 パネリスト:立川康人(京都大学・准教授 CommonMPプロジェクト推進委員会・技術部会長)
       藤原直樹(建設技術研究所・河川部長)
       青木純一(日立製作所ディフェンスシステム社・主管)
       内藤正彦(国土交通省水管理・国土保全局・河川情報企画室長)
       白﨑 亮(国土交通省 水管理・国土保全局下水道部・流域下水道計画調整官)
       福濱方哉(国土交通省 国土技術政策総合研究所・水環境研究官)

■ 討論会の内容:
○ 開会あいさつ(座長)
○ 事務局からの情報提供
  CommonMP プロジェクトの経緯・ロードマップ・デモ(事務局)
  水理・水文モデル汎用プラットフォームの国際標準化の動向(事務局)
○パネリストからの話題提供
 河川事業・下水道事業での活用、水理・水文モデル汎用プラットフォームや水理・水文データの国際標準化戦略、洪水予測への活用、今後の開発方針等についてパネリストからの話題提供いただきます。
○ 会場との自由討論
○ 閉会あいさつ(座長)

■ 問合せ先:
 国土技術政策総合研究所水循環研究室
 主任研究官 菊森 佳幹
 E-mail: kikumori-y92ta"at"nilim.go.jp
 Tel: 029-864-3052
 Fax: 029-864-2688

CommonMP