CommonMP
ホーム » ニュース » 12.03.15更新
 
CommonMP:project
CommonMP

CommonMPの活用事例に関する調査(依頼)

CommonMPプロジェクト
普及・参画部会長
大平 一典

CommonMPの活用事例に関する調査(依頼)

 CommonMPプロジェクト普及・参画部会は、国土交通省水管理・国土保全局、国土技術政策総合研究所、土木学会、社団法人建設コンサルタンツ協会、一般社団法人全国上下水道コンサルタント協会からなるCommonMP開発・運営コンソーシアムのメンバー等で構成されるCommonMP推進委員会の幹事会内に設置されており、CommonMPの活用や普及について取り組んでいます。

 CommonMPは、平成23年8月にVer1.1が国土技術政策総合研究所よりリリースされ、平成22年3月のVer1.0リリース時からの総ダウンロード申請件数が3,300件を超えました(平成24年1月現在)。現在、要素モデルを登録・公開できる要素モデルライブラリや水文水質データベースから直接データを取得するツールの開発を進めており、今後河川管理等におけるCommonMPの利活用が益々期待されているところです。

 当部会では、今後のCommonMPの活用や普及に関する取り組みとして、産官学による全国のCommonMP活用事例(プロジェクト、論文・報文等)を紹介するウェブサイトを整備し、CommonMPの利活用を検討しているユーザ向けにそれらを発信したいと考えています。

 つきましては、CommonMPの活用事例について把握したいので、年度末ご多忙の折大変恐縮ですが、添付のアンケートについてお答え頂きたく、ご協力をお願いいたします。調査結果については、まとまり次第CommonMPプロジェクトのウェブサイト(http://framework.nilim.go.jp/)に掲載させていただきます。


(1) 調査内容
   別紙アンケート「CommonMP活用事例調査様式」によります。

(2) 提出資料
   別紙アンケート「CommonMP活用事例調査様式」について、電子ファイルでの提出をお願いいたします。

(3) 提出期限
   平成24年4月13日(金)17時まで

(4) 問い合わせ先及び提出先
   CommonMPプロジェクト事務局
    国土交通省 国土技術政策総合研究所 河川研究部 気候変動研究チーム
    主任研究官  菊森 佳幹    framework@nilim.go.jp (@は全角で記載しています)

   


インターネット・エクスプローラをお使い方はこちら

CommonMP