CommonMP
ホーム » ニュース » 10.11.17更新
 
CommonMP:project
CommonMP

CommonMP入門講座を開催しました。

 2010年3月に公開されたCommonMP(CommonModeling Platform for water-material circulation analysis)Ver.1.0は累計のダウンロード数が1,300件を超え、普及の兆しが見え始めてきました。

 ダウンロードはコンサルタント、行政関係者が多く、大学関係者のダウンロードが思ったほどのびておりませんでした。CommonMPプロジェクトでは産官学が連携し推進していくもので、学術の場へのCommonMPの普及が課題の一つとして認識されました。また、学生、若手研究者にCommonMPにふれてもらい活用してもらうことが将来的なCommonMPの活用、普及につながると考え、CommonMPの使用経験が無いあるいは浅い若手研究者、学生、技術者を主な対象に「CommonMP入門講座」を開催いたしました。

 CommonMP入門講座の受講者には事前準備としてノートパソコンにCommonMP Ver.1.0.2と必要なデータをインストールしていただいた上で参加してもらっていたため、スムーズに講座を進めることができました。

 講座の開会にあたってCommonMPプロジェクト推進幹事長の中央大学山田教授からCommonMPの将来の発展についてご挨拶いただきました。

 次に国土技術政策総合研究所の菊森主任研究官からCommonMPの開発経緯や概要についてお話しいただいた後、受講者の皆さんにCommonMPを使って簡単なモデルを組んでいただき演算を行っていただきました。モデルが単純であったこともありますが受講者の皆さんには良く理解していただきました。

 閉会には主催者(土木学会水工学委員会水理・水文解析ソフトウエア共通基盤小委員会)を代表して京都大学立川准教授がCommonMPを活用してもらいたい旨、受講者にお願いして閉会しました。


 CommonMP入門講座はCommonMPに触れて興味を持ってもらう第一歩として意義深いものとなりました。

「CommonMP入門講座」
日時:2010年11月15日13:00~16:00
場所:土木学会講堂(東京都新宿区四谷)
受講者数:51名
土木学会CPD:3.0単位
スケジュール:
  13:00 開会
  13:10 CommonMP概要及びVer.1.0リリース
  13:40 CommonMP Ver.1.0の機能説明とこれを用いた演習
  15:30 質疑応答、意見交換
  16:00 閉会

    

      

CommonMP