ウェブサイト運営方針プロジェクト概要サイトマップリンクEnglish 
 
CommonMP:project
CommonMP
CommonMP
CommonMP
CommonMP
CommonMPで扱うライブラリの特徴
CommonMP
CommonMP
CommonMP

 本ウェブサイトでは、提供するプログラムを利用するだけでなく利用者自身が開発した要素モデル等のプログラムを本ウェブサイトで運営するライブラリに登録することができます。登録されたプログラムはライブラリで管理され、誰もがそのプログラムをダウンロードすることができます。

CommonMP
CommonMP
CommonMP CommonMP
CommonMP
CommonMP
CommonMP

CommonMP
CommonMP
CommonMP
CommonMP
本ウェブサイトに搭載するライブラリのカテゴリー
CommonMP
CommonMP
CommonMP

本ウェブサイトで扱うライブラリの趣旨

  本ウェブサイトでは、CommonMP本体以外にも、要素モデル、機能拡張ツールについても提供していきます。提供にあたり、それぞれのプログラムの役割ごとにライブラリを構築し、順次公開していきます。
 CommonMPプロジェクトの趣旨の一つとしてユーザの開発への自由な参加があり、そのポリシーに則り、各ライブラリへ要素モデルや機能拡張ツールを募集しています。ユーザによる投稿の際には、著作権、利用権等の権利関係やソースコードの公開、改変の可否などについてユーザ自らが設定することができるため、ソースは公開せずに実行形式ファイル(バイナリ形式)のみによる登録も可能です。

プラットフォーム、要素モデル、機能拡張ツールの関係(上図)

(1)プラットフォーム
 このページでは、プラットフォーム(CommonMP本体及び付属GIS)を提供しています。2010年3月31日にVer1.0をリリースして以来、現在はVer1.4.0インストーラを公開しています。 過去のバージョンのプラットフォームも提供しています。GISのライセンスの更新もここで受け付けています。

(2)要素モデル
 要素モデルライブラリとは、CommonMP上で稼働する要素モデルを搭載したライブラリです。このライブラリにはユーザ自身が作成した要素モデルを登録することが可能です。また、登録されている要素モデルはダウンロードが可能で、ユーザ自身のCommonMP上で活用することができます。

(3)機能拡張ツール
 要素モデルがシミュレーション中のプラットフォームからの制御で演算を実行するのに対して、機能拡張ツールは、プラットフォームから起動され、シミュレーション制御とは独立して、実行されるプログラムです。外部データベースから水文データ等を取得するデータ取得ツールやシミュレーションの結果を可視化する結果表示ツール等があります。要素モデルと同様にして、ユーザが独自に開発し、本ライブラリに登録することができます。

(4)解析ソフト(CommonMP仕様外)(復旧中)
 CommonMPの仕様外で作成されたシミュレーションソフトウェアの概要を登録することがきるライブラリです。登録された内容は公開されます。

CommonMP
CommonMP
CommonMP CommonMP
CommonMP
CommonMP
CommonMP