ウェブサイト運営方針プロジェクト概要サイトマップリンクEnglish 
ホーム
Home


CommonMP とは

 CommonMP(Common Modeling Platform for water-material circulation analysis)は、 水理・水文現象等の複合現象を解析するために、さまざまな異なった現象を再現する要素モデルを結合して一体的に協調・稼働させ、河川流域の複合現象をシミュレーションするための基盤ソフトウェアです。 CommonMP 上では、互いの演算時間間隔が異なる要素モデル同士を結合しても、水文データ等を交換しながら演算を進めることができます。CommonMPの要素モデルは、開発仕様が公開されているので、誰でも開発することができます。この特徴により、CommonMP を用いると、異なる開発者が開発した降雨流出モデル、河道洪水追跡モデル、氾濫解析モデル等を結合して、開発者同士が協力しながらシミュレーションを実施することができます。CommonMPは、様々な水理・水文現象等の複合現象のシミュレーションの実施や解析モデルの開発を促進するための仕組みを提供しています。


2016.06.08更新 JICA研修が開催されました。
2016.06.02更新 英語版ペルプデスクの運用を開始しました。
2016.05.31更新 CommonMPの英語ウェブサイトからの公開
2016.04.28更新 欠測補完モデル ver1.0の公開
2016.04.27更新 国総研水循環研から要素モデル約50種類が公開されました。
2016.04.11更新 流域平均雨量算出モデル ver1.0の公開
2016.04.11更新 堰(引き上げ式)モデル ver1.0の公開
2016.04.11更新 排水機場(可変排水量型)モデルver1.0の公開
2016.03.31更新 可動水門モデルver1.0の公開
2016.03.31更新 排水機場モデルver1.0の公開
2016.03.31更新 可動堰モデルver1.0の公開
2016.03.24更新 要素モデル開発環境Ver1.5.0の公開
2016.03.22更新 水文水質データ取得ツールVer1.1.1の公開
2016.03.16更新 CommonMP Ver1.5関連ドキュメントの公表
2016.03.11更新 プロジェクト推進委員会・幹事会(@中央大学)開催報告
2016.03.01更新 コンソーシアム運営評価部会、普及・参画部会(@中央大学)開催報告
2016.02.16更新 CommonMP Ver1.5.0の公開
2016.02.08更新 コンソーシアム技術部会(@京都大学)開催報告
2016.01.25更新 地方整備局講習会(@中部地方整備局)開催報告
2016.01.20更新 地方整備局講習会(@四国地方整備局)開催報告